台湾の俳句

昭和初期初期建造的許多房屋都是知識分子,在明治和大正時代都吸收了西方文化的氣味,因此他們採用了當時最前衛的日西風格。台灣柏樹被用作建築材料,並且被設計用於適應潮濕的氣候。

徳田秋声

生きのびてまた夏草の目にしみる 

sakuratree.jpg

​​​​故郷台湾の春

阮文雅

​葱頭の匂ひの染みてよき夫

陳錫枢

​五色鳥鳴けば鳴くほど日の長き

​媽祖祭孫へ名代の北港飴

葉七五三江

​​​​台北俳句会の作品より​

高野秀夫選句

​​​​故郷台湾の秋

​​​​台北俳句会の作品より​

許秀梧

月餅の屑にいつしか秋の蟻

黄教子

​上向いて歩かう楓香黄に朱に

葉顕鎧

ひからびし柳丁一つ土地公祠

illust367.png

​頼伯雄

頂くは母の指紋よ冬至団子

​楊慧珠

一陣の風の香立てり米粉干す

葉七五三江

柑仔を土産に君の来てくれし

​​​​故郷台湾の冬

​​​​台北俳句会の作品より​

mikan02.gif